犬と猫のお腹の虫下し・駆虫薬

犬や猫にお腹の虫がいたらどうしたらいい?

 

犬鞭虫 虫卵

 「貰ってきた・飼ってきた子犬のお尻から虫が出てきた」

 

  「子犬にはほぼ100%の確率でお腹に虫がいると聞いた」

 

  「食欲が旺盛でよく食べるのに全然太らないで痩せている」

 

  「下痢が続いたり血便をする、気艶が悪い」

 

  「お腹の虫を駆除する薬にはどんなものがあるのだろうか」

 

  「よく効く駆虫薬ってなんだろう」

 

  「フィラリア予防薬とお腹の虫を退治する薬を両方飲ませていいのだろうか」

 

  「定期健診でを動物病院で検便して貰ったら寄生虫がいるとわかった」

 

犬や猫を飼っていると、一度は上記のようなことを経験するのではないでしょうか。どんなに健康で清潔そうな犬猫であっても、実はお腹の中に虫がいたってことがよくあります。

 

(※お腹の虫とは、このサイトでは線虫類(鞭虫、鉤虫、回虫)や条虫類(瓜実条虫)、原虫といった他の動物の消化管内つまり腸管内に寄生する虫を指しています。)

 

 

通常は、糞の中に寄生虫がいるのを見つけるよりも、飼い犬や飼い猫が理由もなく食欲不振であることや、下痢が続いたり血便を出したりするといった症状から動物病院で受診をし、検査してもらうことが多いようです。

 

それでも、糞便検査を1回行っただけでは虫卵や寄生虫を見つけることが出来ない時もあるので、寄生虫検査の結果が陰性と判定されることもあります。誤診にも思えそうですが、寄生虫が腸管以外の体内を移動していている場合は虫を検出できないからなんです。

 

寄生虫に感染していても、健康状態の良い成犬成猫なら不顕性感染で症状を現さないので、気になる方は糞便検査を何度かして貰うか、駆虫薬を飲ませるといいでしょう。

 

 

安価で買える市販薬も何種類かありますが、例えば成分をクエン酸ピペラジンとしている駆虫薬虫体を排便と共に排出させることを目的としているので、殺虫作用はありません。ピペラジンの駆虫作用はアセチルコリンの作用を遮断して虫体の運動筋を麻痺させる作用によるものです。

 

米国では1950年代から駆虫薬としてヒトや動物に用いられています。確実にしっかりと駆虫をするなら、動物用医薬品の虫下しを選んでくださいね。

 

 

飼い犬や飼い猫がどんな寄生虫に感染しているかわかったなら、お腹の中にいる虫に適した駆虫薬を選んで駆除するといいのですが、なぜその寄生虫が感染してしまったのか知ることも必要だと思います。

 

例えば、下のイラストを例に説明しますが、犬回虫は4つの感染様式で犬に感染します。犬回虫に感染している子犬の駆虫をしたとしても、その母犬が犬回虫を保有していれば子犬は再度感染してしまいます。

 

フラジール200mg

画像引用:バイエル薬品株式会社

 

また、犬回虫の虫卵で生活環境が汚染されているなら、虫卵を何らかの形で口にすることがあれば回虫に感染してしまいます。

 

 

このように、寄生虫によっていろんな特色があるので、それを知ることで寄生虫に感染しないよう予防することもできます。寄生虫は見て気持ちのいい生き物ではありませんが、正しい知識をつけることは犬や猫を感染から守るだけでなく、人の予防にもつながることにもつながりますので最低限は知っておく方が賢明ですね。

 

犬や猫の腸管内に寄生する虫について正しい知識を身につけませんか?

 

犬鞭虫 虫卵

回虫

鉤虫

鞭虫

ジアルジア原虫

瓜実条虫